優良なアライグマ駆除業者|天井裏の異変はアライグマの可能性あり

女性

大きな被害が出る前に

しろあり

白蟻駆除は早めの対応が重要になります。被害が進行してからでは白蟻駆除だけでは済まなくなってしまうケースもあるので、少しでもおかしい、白蟻の兆候があると感じた場合には早めに信頼できる業者に依頼するようにしましょう。

詳細を読む

業者に依頼しよう

ねずみ

ねずみに侵入された場合は早めに対策を講じないと出入り口が増えていきます。素人が全ての出入り口を見つけるのは困難なので、ねずみ駆除の専門業者へ依頼した方が無難です。長年の経験から短期間で解決する事が可能です。

詳細を読む

住宅内のシロアリを一掃

作業員

シロアリ駆除を依頼するなら、平均価格が分かるシロアリ駆除費用相場をチェックすると良く、参考になります。シロアリは種類によって使用する薬剤が異なり、範囲拡大を防ぐには増えると予想される時期に薬剤を散布します。

詳細を読む

タヌキに似た外来害獣

あらいぐま

日本で爆発的に増えた理由

日本人に昔から親しまれてきた動物の1つに、人を化かすと言われたタヌキが挙げられます。自然環境の変化により、タヌキの生息数も減少しています。現在ではタヌキと思った動物が、よく見るとアライグマだったという例が多いものです。タヌキを圧倒する存在にまで生息数を増やしているアライグマは、昔から日本に住んでいたわけではありません。海外から持ち込まれ、飼育されていた個体が1960年代以降に脱走して繁殖した結果なのです。特に1970年代にはペットとして人気があったため多く飼われていました。中には動物愛護の精神から自然環境に放したケースもありましたが、それらの子孫が農作物への被害などで大きな問題となっているのです。アライグマは高度な適応力を持っており、山林や農村部ばかりでなく都市部でも生きていくことができます。現在ではほとんど全国で見られるようになり、首都圏の都市部でも生息数は少なくありません。同じようにタヌキと間違われやすいアナグマと違って、アライグマは自分で巣を掘らないのが特徴です。他の動物が掘った巣穴に入ったり、物置小屋に侵入したりします。一般住宅でも天井裏によく侵入し、糞尿被害を与えています。

特定外来生物でも要注意

農作物に被害を与える害獣のアライグマは、同時に在来種を脅かす外来種にも位置づけられています。特定外来生物に指定されており、基本的には狩猟が認められます。誰でもその気になれば駆除できそうに思われますが、実際にはそう簡単ではありません。夜行性のため通常の手段での狩猟が難しく、専用の箱罠を使った捕獲方法が多く実施されているのです。アライグマは回虫や狂犬病といった感染症の病原体も保有しています。積極的に人を襲うことはありませんが、追い詰められると思わぬ逆襲を見せることも少なくありません。万が一咬まれた場合は、狂犬病などに感染する恐れがあるため注意が必要です。駆除に使われる箱罠の扱いも難しいため、素人が自分で駆除しようとしても失敗する例が大半なのです。その点で害獣駆除業者はアライグマの習性を熟知しており、捕獲の成功率も高くなります。1匹のアライグマを捕獲するのに1ヶ月を要する場合もありますが、害獣駆除業者は粘り強く箱罠に餌を仕掛けて捕獲を成功させています。天井裏にアライグマが侵入していると疑われたら、こうした業者に調査を依頼するといいでしょう。早めの駆除が被害拡大を防ぐことにつながります。